スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本印店の帰りに。

Image757_20101126160401.jpg

山本印店の並びにある桃仙ビルまんまるの木で一休み。

前回と同じ1Fの席に荷物をおいたら
「2Fもありますよ」
とスタッフがわざわざ声をかけてくれたので行ってみることに。

なんと2Fは小さな半円型ステージに電子ピアノが置いてあって30席ほどのかわいい空間

色々使えそう~と
ワクワクしながらごはんを食べていると…

目の前に座った男性客が偶然桃仙さんのいとこで
お話してるだけで素朴なあたたかい気持ちになれたり

帰ろうとしたら今度はオーナー登場~
ちょうど来年からこの会場がリーズナブルな料金設定になると教えてくれたり

なんだか次から次へとキャスト?が現れる
不思議な一日でした。

きっと
私が予定通りの時間に家を出ていたら
田園都市線が止まっていなかったら

出会えなかっただろう人と時間。

面白いですね
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

山本印店再び。

Image760_20101126160349.jpg

山本印店のはんこは出来上がりまで3ヶ月かかります。
その受け取りの日のこと。

出かけにどうしても家の鍵が見つからず30分のロス。
田園都市線が人身事故で運転見合わせで1時間のロス。

むむ。
なんか時間をずらすための力が働いてるみたい…

懐かしいドアを開けると…

やっぱり!!!!!

そこには桃仙さんがいらっしゃいました。
(注:予約時間以外はお店にいらっしゃるとは限りません)

そして、なんとまた見てくださったのです。

「ありのままを受け取ること」
「あなたは純粋すぎる。苦労するかもしれないけれどそのままでいい。純粋でさわやかに…ずっとそれでいきなさい」
「一年半後、あなたは…」
これは、その時がきたらまたご報告します(笑)

あまりにもユーモラスなはんこに笑ってしまったら
「そのはんこ、あなたにピッタリだ」と。

今回もまた幸せな気持ちで店を出ました。

そうそう、言い忘れてましたが…
先日の「ケテルの森」公演チケットの裏にその印を押したんです。
もしまだ持っていましたら見てみて下さいね。

(続く)

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

覚悟。

Image651.jpg

今日とてもツライコトがありました。

涙で前が見えなくて、とりあえず入った喫茶店。

淹れたてのコーヒーを前にして
やっと気持ちが落ち着きました。


実は、はんこ屋のおじいさんの言葉で
私には覚悟ができていました。

やはり必要なタイミングで呼ばれたのですね。

人生の流れに逆らわず
今私にできる最善をつくそう。

大丈夫だよ。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

不思議なハンコ屋さん。山本印店その2

山本印店にやってきました!
Image642.jpg

まずは持ってきた印鑑を見てもらいます。
Image647.jpg

左が旧姓の実印。
上面をぐるりと囲む赤い輪(しかも2重!)と中央に黒い仏さまが浮き出ている。
ものすごくご先祖さまに守られているらしい。

真ん中が現在使っている名前だけの実印。
象牙の上部が白くなっているのは、ご先祖さまの強い思い。
しかし「何度結婚しても戻ってくる」印相だって!ガーン!!!

右が現在の姓の認印。(主人と共用)
ただのモノ。

以上の鑑定結果により、新しいはんこをつくっていただけること即決定

この後、山本桃仙さんは笑いながらモノスゴイことを言います。

「先祖から託された私の大いなる使命」
「主人が私と結婚した本当の理由」
「子供がいない真相」

などなど週刊誌の見出しになりそうな驚愕の内容に
一々「え~~~~~~~!」と叫んでしまいました。
(詳細はさすがに書けない…)

だいたい言葉の選択がストレートすぎ。
ご先祖さまの意思で三女のあなたはお姉さんたちより「マトモ」につくられたとか
(姉が聞いたら怒るがな!)
ご先祖さまがあなたに次から次へと男を「あてがった」とか
(人聞きの悪い!)
ここまでくると大爆笑。

最後に今の仕事はあなたに合っているとニヤリ。
いいはんこつくってあげるから大丈夫とニヤリ。

結局、この白髪のおじいさんがすっかり好きになり
ほっこり幸せな気分で店を出ました。

出来上がりは3ヶ月後、楽しみです


「運勢をよくするハンコなどというものは、この世には存在しません。
 その人の運勢が変わったときに僕のハンコを作りにくるようになるんだと思います」
(山本桃仙著書より)



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

不思議なハンコ屋さん。山本印店その1

Image613(2).jpg

「山本印店」をご存知ですか?

私がこの店を知ったのはつい先月。
「やっぱはんこは山本印店だよね」
という友人のツイッターがやけに気になってググってみたら…

出てくるわ出てくるわフシギ体験記

簡単にいうと
氏名、生年月日、今まで使っていた印鑑からその人の人生が見えるというはんこ屋さん。
独特の文字でその人に合ったはんこをつくってくれるのですが、
つくっても無駄な人は、断られてしまうそうです。

幸せを呼ぶはんこと評判を呼び、なかなか予約がとれません。
何年も予約がとれない方がいる中、
本当にはんこが必要な人には、必要なタイミングでご先祖様が電話を繋げてくれるとか。

ね、興味がわくでしょ?

さてさて、そういや結婚してだいぶ経つのに
「原」のちゃんとした印鑑を持っておりません。
主人に相談したら珍しく「いいよ」と言うので
電話してみました!

電話受付開始から10~15分でやっと繋がった!
…と思ったら「もう明日の予約は終わりました」
3日連続撃沈ということは縁がないということね。チーン。


1ヵ月後。
親族のことで問題勃発
自分ひとりではどうにもできないのでリフレッシュ(逃避)旅行へ。
帰ってきてふと思い出し電話をかけてみると…
あっけなく繋がり「明日の何時何分に来て下さい」←こちらに選択権なし。

さあ、一体どんなことを言われるのでしょう???

続きはまた明日♪

Image648.jpg

山本印店
東京都世田谷区池尻2-37-13
03-3421-8462
実印・認印・銀行印の三本セットで23,000~24,000円(文字数による)


テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

harami

Author:harami
原ミユキ、略してハラミ。

ぷろだくしょんバオバブのナレーターです。
映像を言葉で伝える音声ガイドの活動もしています。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
祭の晩
twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。