スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW文学めぐり3

Image074.jpg


山本有三記念館の次は、太宰治文学サロンへ。


ここはビルの一階の小さな展示スペースなので、あっという間に見終わってしまう。
ボランティアのおじさんに解説をお願いすると、色々教えてくれた。

太宰宅の周辺地図にはなんと私の住んでいた場所が載っているではないか!
太宰さーん、こんなにご近所さんだったのね!!

小学生の頃、立ち入り禁止の玉川上水の柵を越えてよく遊んだっけ。
6年生の時、姉の本棚にあった「人間失格」を読んで衝撃を受けたっけ。
父の葬儀は太宰治の眠る禅林寺で行われたっけ。

ボランティアの方が入水場所を案内してくれるというので、
そこにいた女の子二人組と一緒に着いて行く。

案内は、さっきまで説明してくれたおじさんではなくて女性の方。
「まだ書いてあることしか説明できないですがいいですか?」とキッパリ。

しばらく歩いて玉川上水を覗き込み、「あそこの堰のところです。」
3人で見る。

すると「以上です。それではありがとうございました。」
女性は去っていった。
取り残された3人は、しばしポカン。

「えーと、ここで解散っていうこですよね…さ、さようなら。」
「あ、はい。さよーなら」
なんだかぎこちなく挨拶をして別れたのだった。

入水場所解散って…。




スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

harami

Author:harami
原ミユキ、略してハラミ。

ぷろだくしょんバオバブのナレーターです。
映像を言葉で伝える音声ガイドの活動もしています。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
祭の晩
twitter
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。