スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い月

Image093.jpg


「カルメン・マキ×水城雄ポエトリーリーディングライブ」に行ってきました!

永倉秀恵ちゃんの透明な歌声と天然トークで癒された会場が
カルメン・マキさん登場でさっと空気が変わる。
スゲー貫禄!オーラの泉!!
この女王からどんな言葉が飛び出すのかと息をのむ。
が、その挨拶はあまりにも以外なものだった。

「初めてでヘタクソかもしれない」
「どうなるかわからない」

誰もが知る歌手カルメン・マキさんが
初めて朗読中心のライブに挑戦するということ…
その勇気と覚悟は相当なものであることが伝わってくる。

そんなマキさんの朗読は、まるで彼女自身が感じたことをそのまま話しているような自然な語り。
萩原朔太郎や中原中也の作品が時代を超えてマキさんの言葉になり、まるで歌っているようだった。

「歌うこと」と「朗読すること」は方法論を超えた一つの音楽
(BY マキさん)

…納得!!
そういえばナレーターの先輩が「ナレーションは歌と一緒だ」と言っていたのを思い出す。
ナレーションと朗読は全然違うと頑なに線引きをする人がいるが、
どれも「声」という「音」の表現に変わりない。
その音を楽しむ(または楽しませる)のだから、
全て「音楽」といえるんじゃない?
…と思ったら私のしていることも繋がって、モヤモヤがスッキリした。

現状で満足せず、変化しつづけることを選ぶ生き方も私の目指すところ。

そんな意味で色々な感銘を受けた。

さて、今回朗読とは全く関係ない3人の友人
(結婚秒読みカップルと悪友妊婦というおめでたいメンバー)を誘ったのですが、それぞれ楽しんでくれた様子。

ピアニスト水城さんに「ファンになりました~」と告げる悪友妊婦。
確かに…いつも地下スタジオで私にさりげない暴言を吐く姿と違ってアーティスト水城さんはカッコよかった!

帰り道。
カルメン・マキさんの衣裳を「キャシー中島」という友人の表現に
大爆笑。
白い月の夜空に響くおめでたい笑い声に包まれながら、一緒に時間を過ごしてくれた友人たちに感謝した。

スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

コメント

音。

うんうん、声もやっぱりもちろん音を感じれるものだと思い、
こういう日々の思いを娘にもしっかり伝えたいなぁ~と思う今日この頃です。

音。

リエブログで曲を耳コピしてるのを読むと
同じだな~と思う。
ナレーションも耳コピの日々だから。
全ての音(特に自分の発する音)に敏感でいたいね。
Secret

プロフィール

harami

Author:harami
原ミユキ、略してハラミ。

ぷろだくしょんバオバブのナレーターです。
映像を言葉で伝える音声ガイドの活動もしています。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
祭の晩
twitter
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。