スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画館で初ライブガイド『毛皮のヴィーナス』

写真(11)_convert_20150602063009


3月1日映画の日
ロマン・ポランスキー監督の話題作「毛皮のヴィーナス」
バリアフリー上映の音声ガイドをやらせていただくことになりました!
台詞は男女一人づつ字幕朗読が入ります。
映画上映中、別室にてモニターを観ながら生でガイドします。

メルマガ配信用の事前解説も担当しています。

【『毛皮のヴィーナス』事前解説】

その悦びを、あなたは知らない。

3月のハマらいぶは、巨匠ロマン・ポランスキー監督の話題作です。
登場するのは女優と演出家のたった2人だけ。

演出家のトマ(マチュー・アマルリック)はイラだっていた。
劇場で舞台「毛皮のヴィーナス」のオーディションを開いたが、
ロクな女優がいなかったのだ。
そこへオーディションに遅刻したと、女が駆け込んでくる。
舞台の主人公と同じワンダ(エマニュエル・セニエ)と名乗る女は、
下品なSM風ファッションを身にまとい、無教養に見える。
トマは「君はタイプが違う」とハッキリ告げるが、
ワンダは強引に自分で用意してきた衣裳に着替えてしまう。
諦めたトマは自分が相手役となり、オーディションを始める。
ワンダの台詞を聞いた瞬間、トマが息を呑んで振り返る。
そこには、舞台の主人公ワンダ・フォン・デゥナエフ夫人そのものが立っていた。

マゾヒズムの語源となったザッヘル=マゾッホの自伝的小説に
着想を得た戯曲をポランスキーが映画化。
第39回セザール賞最優秀監督賞、リュミエール賞脚色賞受賞。

ロマン・ポランスキーといえば、自ら数奇な人生を辿りながら
『ローズマリーの赤ちゃん』『チャイナタウン』『戦場のピアニスト』など、
数々の名作を生み出してきた、他に比べる存在のない名匠。
3人しか登場しないデビュー作「水の中のナイフ」以来、
登場人物が2人だけの映画を作りたいと願い続け、
80歳にして挑戦的なこの作品を世に放ったのです。

無名の女優ワンダを演じるのは、
『危険なプロット』など、実力派女優にしてポランスキーの妻、エマニュエル・セニエ。
48才とは思えぬ豊かなバストとスラリとした脚線美を持つ彼女は、
芝居の中に登場するキャラクターを別人のように完璧に演じ分けています。

演出家トマ役には『さすらいの女神(ディーバ)たち』など、
カメレオン俳優とよばれるマチュー・アマルリック。
49才。
168センチの小柄な身体にギョロっとした目が印象的な彼は、
ポランスキー監督の若い頃とそっくりと話題をよんでいます。

ワンダとトマがいる場所は、10メートル四方の劇場の中。
客席扉から中央通路の下りスロープがまっすぐ舞台へ続き、
通路の両側にある客席の前方に演出台、後方に照明操作台があります。
舞台上には全く違う芝居のセットが置かれているのですが、
これは、マゾッホの世界からできるだけかけ離れたものにしたいという
ポランスキーのアイディア。
何のセットかは本編でのお楽しみ。

オーディションのはずが、いつしか本気の2人芝居へ。
いくども入れ替わる2人の力関係。
曖昧になる演技と現実の境界。
掘り起こされた欲望の先に待っていたものとは……

ギリシャ神話や絵画など様々なモチーフが登場しますが、それが全て繋がったとき、
ポランスキーの仕掛けにひざまずきたくなるかもしれません。

皮肉とユーモアがちりばめられた妖しくセンセーショナルな96分。
さあ扉をあけて一緒に堕ちてゆきましょう。

__________________________________

『毛皮のヴィーナス』 
日時:3月1日(日)9時45分
場所: シネマ・ジャック&ベティ
(神奈川県 横浜市 中区 若葉町 3ー51)
TEL: 045-243-9800
鑑賞料:1000円(晴眼者も一律)
【監督】ロマン・ポランスキー
【出演】エマニュエル・セニエ、マチュー・アマルリック
(2013年/フランス、ポーランド/96分)

※音声ガイドは、FM88.5MHzで放送します。ラジオをお持ちの方はご持参
ください。(貸出用ラジオもございます。)
◎今回は入場の都合上、事前予約制をとらせていただいています。
視覚障がい者のかた、ボランティアをご希望の方は、必ずお申し込み下さい。

【申込方法】
誘導やボランティアをご希望の方は、以下の内容に従って、メール、またはお
電話にて、お申し込みください。(ボランティアの方には、視覚障害者の誘導やラジオの配布をお手伝いいただきます)

メールの宛先は、
barrierfree-info@koganecho.com

下記の項目をお知らせください。
1:お名前
2:参加人数(視覚障害者と晴眼者の内訳も)
3:電話番号(あれば携帯の番号をお願いします)
4:鑑賞される作品
5:京浜急行「黄金町(こがねちょう)」駅と、市営地下鉄「阪東橋」駅改札
の、どちらにいらっしゃるか。
※ボランティアでお申し込みの方は、最後に「ボランティア希望」と明記して
下さい。

【申込締切り】
2月27日(金曜日)まで。

<お問い合わせ先>
TEL:045-243-9800 (シネマ・ジャック&ベティ内)
FAX: 045-252-0827
メール: info@koganecho.com

視覚障碍者にもわかりやすい劇場への道案内はこちら

毛皮のヴィーナス公式サイト http://kegawa-venus.com/

 
スポンサーサイト
プロフィール

harami

Author:harami
原ミユキ、略してハラミ。

ぷろだくしょんバオバブのナレーターです。
映像を言葉で伝える音声ガイドの活動もしています。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
祭の晩
twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。